« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

消えた大山寺参拝古道を探る

消えた大山寺参拝古道を探る
鳥取県の明峰大山(だいせん)の中腹にある古刹、大山寺・大神山神社奥宮には古来より多くの人が参拝に訪れますが、とりわけ大山寺領であった郷からは、利便な山道があったようです。伯耆町の銘柄米の郷、八郷 丸山地区から大山寺までも何本かの道があったようですが、現在の大山ロイヤルホテルからパイロットファームを超えて山道を行き、横手道の三輪平太の墓付近に出でる「丸高道」というのが昔はあったようですが、今では荒れ果て、地図からも消えてしまったのです。何とかしてこの道を復活してエコツアーのコースにならないかと検討中でしたが、どうにも昔の文献や古地図がありません。

そこで、郷土史のことなら、元山陰歴史館長の杉本良巳先生だ〜♪って事で、早速にお電話を。さすが先生〜、手元に何枚かの地図があるから取りに来なさいってお返事。伺ってみると、ありました、ありました〜♪しかも5万分の1のかなり正確な地図と、大正に描き写された古地図をお借り出来ました。これでなんとか突破口が〜、先生、大切にお借りしま〜す♪

| | コメント (0)

2008年9月29日 (月)

雨のヒルゼン

雨のヒルゼン
岡山県蒜山(ひるぜん)に来ています。あいにくの雨模様、こんな日はヒルゼン高原センターもイイかも? ここのメインは遊園地なんだけど、地元の特産品・お土産コーナーや、カフェ、お食事、ゲームコーナーなど、雨の日でも楽しめそう、新栗ソフトや、オオサンショウウオのサンちゃん?など、話題も豊富っぽいかも〜♪ さっ、そろそろ、次の打ち合わせに行かなきゃ〜、今日は朝から鳥取県の江府町、日野町、そして岡山県の蒜山と、このあたりを走り回ってま〜す♪

| | コメント (0)

そば処 たたらや 根雨宿二番館

そば処 たたらや 根雨宿二番館
鳥取県日野町根雨宿にある、根雨宿二番館 そば処 たたらやさんで おろしそば(大盛)をいただいています。地元の日野町産のそば粉を使った手打ち蕎麦は、やや白っぽい細打ちで、麺の腰が強くて、少し大げさに例えるなら韓国冷麺に近いほどの腰だが、口に入れると心地よい弾力感が楽しめます。汁はやや濃い口でだしもよく効いているが、この麺との相性が抜群です。建物の外観も宿場町古宿っぽくて、店内も落ち着けてイイ感じです。ご馳走様でした〜♪

| | コメント (0)

江府にて

江府にて
今日は朝から鳥取県江府町で特産品関係の講習会です、さて、何から話そうかな〜♪ まずはタバコを一服しなくちゃね! こんな素敵な光景の中で・・・

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

あっ、雲海でてるじゃん〜♪

あっ、雲海でてるじゃん〜♪
大山から帰る途中、大山牧場からぼ〜っと下界を眺めてたら、日野・江府方向に雲海が出てました〜、明地峠あたりから見たら良さげな感じだけど今から行っても日没までに間に合わんはねぇ〜6時かぁ〜諦めっ。ってか、このケータイで写すと、ちっちぇ〜ってか見えねー よね?

| | コメント (0)

雨の横手道より

雨の横手道より
ますみず天空のリフトの上から大山寺まで抜ける横手道を散策ちう〜♪ 雨降る中の古道散策は静寂の中にときおり森の奥深くから鳥の声が小さく木霊して、このうえなく美しい。素朴な笑顔でいらっしゃるお地蔵様の苔むす姿のなんと慈悲深いことか。この雨の一滴一滴を余すことなく木々たちが両手をいっぱいに広げて掬っては土へと循環していく・・・とか言ってないで、早く歩かないと日が沈むし、だいいち濡れてるしっ(泣)

| | コメント (0)

天空のススキ道をダイブウォーク!

天空のススキ道をダイブウォーク!
実は今日、大山高原ますみず天空のリフトに乗って上まで上がったのは、下るためです(笑)、一面のススキの中に小さな散策道があってそこを降りるといいよっつ情報を仕入れたので、リフト小屋横のナナカマドの様子を見がてら、やってきました〜♪ウワサ以上の一面のススキ、確かにススキの中に獣道らしき散策道を発見、早速降りてみま〜す♪ じゃね〜♪ カワグチヒロシは〜♪

| | コメント (0)

天空リフト頂上より

天空リフト頂上より
今は雨模様ですが、弓ヶ浜、島根半島もバッチリ見えます。標高900m大山の丁度中腹からの景色は絶景〜でも今日の目的はこの景色じゃなくて〜?

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

酒菜 桔梗屋にて

酒菜 桔梗屋にて
今晩は鳥取県の日本酒、地酒を守る会合で呑んでます。米子朝日町 酒菜 桔梗(ききょう)、いいお酒を燗で頂いていま〜す♪ 地酒ファンドって何だ? まっ、俺には関係ないし、呑もっ♪

| | コメント (0)

ふろしきまんじゅう

ふろしきまんじゅう
今日は鳥取県東部からお客様がみえて、途中に琴浦町で、鳥取県名物ふろしきまんじゅう(山本おたふく堂)をお土産にいただきました。僕は甘いものはほとんど食べないのですが、これは美味しくいただけま〜す♪ 美味いっ♪

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

正しい朝日町のスナックの姿!

正しい朝日町のスナックの姿!
モチロン水割りの水はサントリーの天然水 奥大山の水です!

| | コメント (0)

米子 荒磯で呑んでま〜す♪

米子 荒磯で呑んでま〜す♪
今日はJKKL地域活性化のための情報懇話会の会合で、米子駅前 荒磯で会合の後の懇話会をしています。ここは懐石なのでまずは前菜から、一本目のお酒は、地元 益尾酒造の 真寿鏡 神将 大吟醸を頂いていま〜す♪ 日本酒に乾杯〜♪

| | コメント (0)

スダチをもらいました〜♪

スダチをもらいました〜♪
大山ペンション村の方がいらしてスダチをもらいました〜♪
あとは、サンマをもらえれば〜(笑)

| | コメント (0)

二十世紀梨をいただきました〜♪

二十世紀梨をいただきました〜♪
大山黒ぼく農園の野口さんから、こんなに沢山の二十世紀梨をいただきました〜♪

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

美海ランチ

美海ランチ
地物料理のレストラン大山町みくりやのBIKAIでお食事中です。僕は 美海ランチ、エビ、ホタルなど海の幸いっぱいの天丼、美味いよ〜♪

| | コメント (0)

季節のパスタランチ

季節のパスタランチ
地物料理のレストラン大山町みくりやのBIKAIでお食事中です。嫁ちゃんは、季節のパスタランチ、地物の大山の白ネギとベーコン、美味しそう〜♪

| | コメント (0)

大山地物カフェBIKAI(美海・びかい)

大山地物カフェBIKAI(美海・びかい)
国道9号線沿いの鳥取県大山町役場近くの海沿いにあるカフェレストランBIKAI(美海・びかい)に来ています、ここは大山の海の幸、山の幸を頂けるオシャレな地物料理のレストランです、ちょっとオシャレ気分のデートスポットとして超オススメです、オールディーズを聞きながら一面の海を眺めながらお食事です、何を頼もうかなぁ〜♪

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

古民家かつみや(鳥取県日南町)

古民家かつみや(鳥取県日南町)
ちょっとしたご縁があって鳥取県日南町菅沢にある宮本邸(古民家かつみや)にお邪魔しています。大正二年に宮大工の棟梁が建てたという直屋造りの古民家ですが、神社のような彫り物が施されていたりと特徴のある建物でした。雰囲気のある二階でコーヒーと菓子をいただいて家主さんご夫妻からお話を聞きました。材木の一部はさらに歴史を刻んだ使い回しの再利用のものもあり、曲がりくねった立派な材木を適材適所に組み合わした高度な巧みの技が見事だ。ここでは古民家の宿泊体験も出来、田植え体験、野菜収穫、そば収穫、自然茶作り、山菜採り、自然遊び、わら細工、日南の名所巡りなどが出来るとのこと。こんなのんびりした所での体験型農家民宿、楽しそうだなぁ〜♪

| | コメント (0)

「屋根」

「屋根」
鳥取県南部町早田(わさだ)の村並。

昔は藁屋根も多かったのですが最近は少なくなりました。残っている家もふきかえが難しく、こんな感じに鉄板で覆っているところがほとんどとなりました。実際に住む方にとっては維持は大変ですが、コンクリート住宅にするのではなく、この優れた構造美を保ちながらリフォームしながら保存していただけたらなって思います・・・住んでいらっしゃる方の苦労も知らないで・・・勝手 言ってますが。

| | コメント (0)

「蔵」

「蔵」
南部町早田(わさだ)のお婆ちゃんの実家の蔵です、昔はどこの家にも立派な蔵がありましたが、震災で崩れたり、老朽化したりで少なくなりました。蔵にはお米や着物や家宝など大切なものが保存されていて、全体が分厚い土壁で出来ているので大きな金庫みたいな耐火倉庫となっています。窓や扉も三重構造で、網扉、鉄扉、土扉で守られています。中は冷暗に保たれているので米や穀物の保存にもぴったりです、昔の人の知恵はスゴイ!

| | コメント (0)

お婆ちゃんの里帰り(南部町早田)

お婆ちゃんの里帰り(南部町早田)
昨日うちんちの稲刈りが終わり、お婆ちゃん(僕の母)の生まれ育った南部町の早田(わさだ)への里帰りがてらドライブしてます。ここ早田は南部町でも山里で、とっても素敵なところです、なんだか、癒されるんだよね〜♪ 雨もまたよろし。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

田舎の常識クイズ(第2問)

田舎の常識クイズ(第2問)
これはコンバインという稲刈りをする機械ですが、この戦車の大砲みないなのは何〜んだ?

(ヒント)
発射〜!

| | コメント (0)

田舎の常識クイズ?

田舎の常識クイズ?
今日の大山ふもとは天候も良くて我が家も稲刈りです! さて、ここで都会の皆さんへ問題です(笑)
これから稲刈りをするのですが、まず始めに田んぼの四隅を手作業で、こんな感じに苅ります、ナ〜ゼだ?

(ヒント)
田んぼの全体は、車型のコンバインという機械で刈ります。
答えは、その時が来たら現場からアップします(笑)

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

メタボにも、蒸し鍋!

メタボにも、蒸し鍋!
これ、まじで美味しいかも〜!最近テレビでもメタボにもいいと話題の「蒸し鍋」です。野菜とか材料を鍋に入れて調味料(お好みで)を入れて(水は入れない)フタをして煮込む。水気は野菜からジュワ〜っとにじみ出たもののみ。だから、野菜の旨みと甘み、野菜の質が肝心。余分な油分はないので、鶏肉とかごま油で補充するとメタボ対策にもいいらしい〜♪

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

八郷米のふるさと大原千町の神話

八郷米のふるさと大原千町の神話
鳥取県伯耆町 大山水系のブランド米「八郷(やごう)」の産地 大原千町(おおはらせんちょう)には、大蛇と大ムカデの神話があります。その昔、当地の守神だった大蛇は、暴れものの大ムカデに度々悩まされていました。それを聞いた大躰神という神様が現れてムカデを退治してくれました。たいそう喜んだ大蛇は大躰神様のご恩に報おうと、一夜のうちに立派な井出川を掘りました。しかし、あまりの過労のため大蛇は死んでしまいました・・・。しかし大蛇が大山から引いてくれた水は辺りを一面を豊かな農耕地にかえましたとさ。
こうして出来た見渡すかぎりの土地を「大原千町」と呼び、そのまわりには昔、八つの村があったので「八郷」と言います。当地の黒ぼくと大山水系の清水でできるお米が、鳥取県伯耆町の誇る「八郷米」です、大原千町の見える番原にある植松神社には大蛇の立派な彫り物ががあります。
ケータイで打つの長っ(汗)

| | コメント (0)

大山水系・黒ぼく米・八郷米

大山水系・黒ぼく米・八郷米
大山からまっすぐに下ってくる井出川沿いに沢山の水田があります。大山の火山灰が堆積して出来た黒ぼくに育つ鳥取県伯耆町の大山ふもとで出来たお米は「黒ぼく米」さらにこのあたりのお米は「八郷米」といってブランド米の産地です、今年の出来はどうかな〜♪

| | コメント (0)

黒ぼく・白ネギ農家

黒ぼく・白ネギ農家
今日は雨が降ってるのでお婆ちゃんをドライブにでも誘おうと思ったら、雨のなか仕事してました。うちの実家は白ネギ農家、鳥取県伯耆町の白ネギは大山水系の水と黒ぼくで育つため、甘みがありとっても美味しいと、市場の最高値が付くほどの最高品質のもの。今日は朝から近所のおばさん達3人にお願いして出荷準備に追われてました。僕、長男なんだけど、今のところ農業してません、いつかしないとね〜? 僕も午後からは仕事しなくちゃね、パソコン相手にね。

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

総立ち、大音量でフォーク!

総立ち、大音量でフォーク!
フォークもスピーカーの真ん前だと、かなりハードです、今は かぐや姫ね ペテン師 会場が総立ちになってきました、スゴイ手拍子です!おっ 出たっ、正やんの、22才の別れ!

| | コメント (0)

5000人、満員です!

5000人、満員です!
花回廊の芝生広場がいっぱい、今は南こいせつさんが神田川を歌っています。しんみりといい曲ですね〜♪

| | コメント (0)

伊勢正三、南こいせつ、イルカ、コンサート始まりました!

伊勢正三、南こいせつ、イルカ、コンサート始まりました!
鳥取県の大山ふもと、フラワーパーク とっとり花回廊で、大山ミュージックリゾートコンサートが始まりました〜♪ チケットもぎと整理券配りしてましたが、先ほどから5000番台となりました、今からコンサート会場で楽しみま〜す♪
伊勢正三、南こいせつ、イルカと、かぐや姫時代の人にはたまらないんじゃないでしょうか〜 あっ今はイルカが、サッ、サッ、サー、サーラダ〜♪って・・・スタッフ証外して、呑みますか〜♪

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

たかかま(アフター)オマケ付き

たかかま(アフター)オマケ付き
今晩は鳥取県名物 左から、ながいもかまぼこ、あごちくわ、とうふちきわ。どれも日本酒にぴったり合います! 今日はオマケにサンマちゃん〜(笑)

| | コメント (0)

たかかま(ビフォー)

たかかま(ビフォー)
鳥取県の特産品のひとつ「とうふちくわ」「あごちくわ(トビウオ)」「ながいもかまぼこ」。今日は高塚かまぼこ店さんで買ってみました。まずは、こんな感じから〜、さっ、食べますか♪

| | コメント (0)

風車と夕日と稲穂と

風車と夕日と稲穂と
帰り道、ふと見るとこんな素敵な光景が広がってた〜!
鳥取県大山町岡あたり

| | コメント (0)

とうふちくわ天?

とうふちくわ天?
鳥取県倉吉市からの帰りに琴浦町の高塚かまぼこ店に寄ってみました。ここのかまぼこ旨いんだよねぇ〜! 揚げたての カニ天、らっきょう天、とうふちくわ天を買って食べてます、熱々のらっきょう天、ネギ天っぽいっていうか、なかなか旨い! お土産は、とうふちくわ、あごちくわ、ながいもかまぼこ。今夜の晩酌が楽しみ〜!
スタッフには お饅頭も〜!

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

撮影車

撮影車
大山パークウェイのDVD撮影用のオープンのベンツくんです。気持ちよさそう〜♪

| | コメント (2)

2008年9月 7日 (日)

今からでも間に合います!

今からでも間に合います!
目標8000人、米子の人、大山周辺の人、今からでも間に合います!東山陸上競技場へGo〜!

今日はまたまた 試合前から えらい盛り上がりですから!
あっ、選手入場〜! 頑張れガイナーレ!

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

中海・宍道湖・大山 観光圏パネルディスカッション

中海・宍道湖・大山 観光圏パネルディスカッション
■中海・宍道湖・大山 観光圏整備計画
◎パネルディスカッション パネラー
・鳥取県経済同友会西部地区代表幹事 秦野一憲さん
・総務省地域力創造審議官 椎川忍さん
・NPO法人 大山中海観光推進機構理事長 石村隆男さん
◎コーディネーター
・とっとりコンベンションビューロー 長谷川泰二さん

■圏域の想定
《鳥取県》
倉吉市、三朝町、湯梨浜町、琴浦町、北栄町、米子市、境港市、日吉津村、大山町、南部町、伯耆町、日南町、日野町、江府町
《島根県》
松江市、出雲市、安来市、雲南市、東出雲町、奥出雲町、飯南町、斐川町、大田市

■問題点など・・・
情報発信が足りない
受け入れ態勢が足りない
社会資本整備が足りない

広域観光の組織が沢山あるが、範囲や内容が重複している
県境を越えて運営されているバスが少ない
いろいろなものが分断されている

ポータルサイトはあるが、広域にまたがっているものが少ない
市町村、県単位のものが多い、一体感が足りない
両空港(会社が違う)の乗り入れ体制がない
二泊三日以上の滞在観光を目指す
自らが事業主体であると認識して欲しい
NPO等の民間団体の活用
行政は圏域全体の一体感の造成と具体的な推進

汽水湖や山など自然の魅力
歴史文化の魅力
・・・歴史文化のツーリズムのプログラムが創造できる
癒し、スポーツ系・・・温泉地などを結ぶ
食べる・・・山海の珍味プラス湖の食
食を通しての体験など

倉吉から石見銀山までの広域観光圏域
出雲神話でも結べる、鉄の歴史でも・・・

多様性のある「神々のふるさと」への旅
ご縁で結ばれる旅・・・

全国13箇所ほどの指定があるのではないか。
当圏域の指定に向けて、一体感を持って進めていく必要がある。

★100億円、この地域のGDPを上げることを目指す。
★県境があるために、失われたものを取り戻すだけで、実現する。

地産地消と共に、外貨を稼ぐことも大切
資本についても、地域ファンドなど考える必要がある
経済、産業、雇用の問題に力を入れないと、基礎体力が続かない
行政の方はもっと勉強して欲しい
子供への仕送りだけでも、多くのお金が都会へ流れている
優秀な人材、現金が流出している
年間の両県からのキャッシュの流出が大きい

★今後、官民が一体になった施策をやっていかないといけない。

みたいな感じの話しが現在進行中です〜♪

| | コメント (0)

大山パークウェイ構想

大山パークウェイ構想
NPO大山王国の今期最大の取り組みとして「大山パークウェイ構想」があります。現在、石村さんが説明ちう〜

| | コメント (0)

定住自立圏構想

定住自立圏構想
鳥取県経済同友会西部地区オープン例会ちう〜! 只今、じげ風呂でもお馴染みのしいかわさんによる講演ちゅうです。今後のキーワードのひとつは「定住自立圏」。

| | コメント (0)

同級生

同級生
昨日は地元の同級生が集まって、ちょっとした会議の後、呑みました〜。このお造りは、漁協の友達が捕ったアジをお店で調理してもらったもの、新鮮で旨いっ!同級生っていつまでも同級ナンだなっ(笑)いいもんですね〜!

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

手作りパンの訪問販売

手作りパンの訪問販売
うちの事務所に来てくれる手作りパンの訪問販売車のおっちゃん。僕は全くパンを食べない人なので味はわかりませんが、スタッフがいつも買ってるので旨いんじゃないかな〜?

ちなみに、パンは、苦学生の時に毎日パンの耳ばかり食べてたので、大人になってから食べたくなくなりました(汗)

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

旨すぎて声もでないかも〜!

旨すぎて声もでないかも〜!
二次会に勝手に突入ちう〜! 岩ガキ、炙りマグロ、炙りサーモン、馬刺、マグロの山かけ、そして日本酒は、久米桜酒造 八郷(やごう) 笑えるほど安すぎっ!
しかも、めちゃくちゃ旨いっ!
まじ、山陰、鳥取県に生まれて良かったよぉ〜! 食べ物でいえば、全国を旅していますが(一応は自力ドライブで全県制覇)、山陰は最強でしょうね! メディアの嘘っぱちが、まじ可哀想ってか、笑えますね〜!
ってか、情けないよ
鳥取県 頑張れぇ〜!

| | コメント (0)

まだまだナマステー!

まだまだナマステー!
バンニナーマステ〜
(こんばんは〜)

まだまだ懇親ちぅ〜!

| | コメント (0)

サントリー天然水の謎?

サントリー天然水の謎?
午前中から二つの会議を終えてやっと今から昼食です、っても次の予定があるので車の中で。コンビニへお弁当を買いに入るとき何時も気になるのがサントリーの天然水 奥大山の水です。置いてあるかなぁ〜指差し確認〜よぉ〜しっ(笑)
サントリーの天然水の取水工場は全国に3ヶ所あるそうで、南アルプスの水、阿蘇の水、そして奥大山(おくだいせん)の水です。この奥大山の水は、国立公園大山のふもと鳥取県江府町にあるサントリー奥大山ブナの森工場から出荷しています。全国50箇所ほどの水を調べて奥大山の水に決めたと聞きました。軟水でコーヒーや料理にも良いらしくて調理人の支持も多いとか。

ところで、この水は中四国地域で主に売ってるようです。以前 大阪市内のローソンで売っているのを見ましたが、紀伊半島の和歌山や三重、能登半島、京都や奈良、名古屋あたりは、南アルプスの水なのか奥大山の水なのか、どちらを売っているんでしょうかね?
知ってる人がいたら教えてほしいかも〜
逆に九州は阿蘇の水としても、山口県の関門あたりはどうなんだろう〜とか?
知ってる人がいたら教えて欲しいかも〜?
あっ、早くご飯食べなきゃっ(汗)
ぢゃっ!

| | コメント (2)

2008年9月 3日 (水)

第2のお酒?黒松剣菱(神戸市東灘)

第2のお酒?黒松剣菱(神戸市東灘)
第2のお酒ってもコーンや豆でできてるわけぢゃ〜ありません(笑)
第2のふるさと、長い間住み慣れた神戸市東灘区を代表するお酒です。東灘は全国ブランドの白鶴やこの剣菱など灘の酒として有名。神戸に住んでたときには剣菱を毎日呑んでました。でも山陰に帰ってきて、山陰の地酒を飲み始めたら、全く比べものになりませんね、どっちがどうとは言わないけれど、全国の人たちって、可哀想だなって同情しちゃうくらい・・・。鳥取県とか田舎って、驚くほど酒も魚も野菜も肉も旨いのに、なんでこんなにマイナー何だろうね〜?? 結局みんなメディアに騙されて本当の価値を知らないのかなぁ〜 ホントにもったいない事ですね〜!
今日、福島県と宮城県と大阪から来てくれてた友達が帰りました、鳥取県の食の豊かさに皆、サプライズな感じで大満足の様子でした〜!

| | コメント (0)

漬け物、地物尽くし!

漬け物、地物尽くし!
今晩は仕事が終わってから、鳥取県大山(だいせん)ふもと伯耆町(ほうきちょう)の産業ネットワークという取り組みに出席してきました〜! 只今大山ふもと伯耆町のブランド創りに奮闘中です。今日は会議の前に地元の漬け物をティスティング〜! ゼンマイ、ミョウガ、キュウリ、ふきのとう、フキ、などなど、野菜や山菜の漬け物に舌鼓、どれもそれぞれに素材の味がして旨いっ! あとは、地酒も一緒にティスティングしたかったんだけど〜(笑)

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

出雲そば 花びし 三色割子

出雲そば 花びし 三色割子
今日は朝から松江市内で打ち合わせを終わり、米子市内にて昼食ちうです。米子市道笑町にある「出雲そば 花びし」で、三色割子(頼んだのは4枚)をいただいています。なんか、優しい味かな?
午後からはビッグシップで大山パークウェイの会議に出席予定、じゃっ、出発しますか〜!
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

久米桜酒造 頒布会 特別限定品 原酒 大吟醸

久米桜酒造 頒布会 特別限定品 原酒 大吟醸
鳥取県 大山(だいせん)の伏流水と地元 八郷(やごう)地区の酒米で造った久米桜酒造の意欲作、特別限定品 原酒 大吟醸は、最初はキンキンに冷やして一杯、あとから少し常温近くで一杯、鷹勇とかでおなじみの玉栄がテーマとあって、一口目は独特のガシッとした雰囲気がありましたが、あたたまると、華やかでフルーティーに変身って感じかも〜。

久米桜 独特限定品 原酒 純米酒
こちらはキンキンに冷やした時は 柔らかで広がりがあり、あたたまっても そのまま品よく華やかになり、バランスよく呑みやすいお酒かも〜。

お刺身の後に、ゴーヤチャンプルとヒレカツに肴を代えて飲み直しましたが、どうやらこの2品とも、油っぽいものに合うかも〜 って感じでした。

以上 酔っ払いのレポートでした〜

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »